高血圧にはコーヒーが効く

高血圧にはコーヒーが効く

スポンサード リンク

高血圧にはコーヒーが効く


【高血圧】血圧が高めの方は必見!⇒詳細はこちらをクリック!!

 

 高血圧でコーヒー党の方には嬉しいお知らせです。
「コーヒーを飲みすぎると、カフェインの昇圧作用で血圧が上がる」といわれていましたが、近年アメリカの研究結果では、コーヒーを飲んで高血圧になることはなく、むしろ高血圧になりにくいことがわかってきました。

 

 コーヒーに多く含まれるカフェインは心筋に直接作用して、心筋機能を穏やかにするため、心臓にかかる圧力が減るらしいのです。
さらにカフェインは腎臓に働いて利尿効果があります。高血圧治療に利尿剤を服用して副作用を心配するくらいでしたら、コーヒーを飲んだ方がよほど健康的ではないでしょうか。

 

 ちなみに、コーヒーを1日6杯程ほど飲む人は、コーヒーを全く飲まない人に比べて血圧が低いという研究結果も出たそうです。
また、コーヒーを毎日1〜3杯飲んでも、全く飲まなくても、高血圧を発症する頻度には関係がないことが分かっています。しかし、4〜6杯以上となると高血圧になる危険性がより減る傾向にあることが分かりました。

 

 コーヒーを多く飲む人は高血圧になりにくく、大腸がんにもなりにくいというアメリカの疫学調査の結果もあります。
また、クロロゲン酸というコーヒー豆の芳香成分は、老化の原因である活性酸素を除去する抗酸化物質であり、がん細胞の転移を抑制することも発見されています。さらにクロロゲン酸には血管拡張作用があり、血圧降下作用があります。今後、高血圧の治療法の一つとして、コーヒーサプリメント?などが盛んに出回る時代がくるかもしれませんね。

 

コーヒーの香りを楽しむだけで高血圧改善!?

 

 コーヒーの香りだけで、高血圧が改善されるといわれています。
それはちょっと、大げさだと思われるかもしれませんが、コーヒーの香り成分に含まれるピラジンには、本当に血栓を溶かす作用があります。

 

 コーヒーの香り成分ピラジンには、血液をサラサラにする働きがあります。

 

 

 ピラジンといっても、実に多くの種類がありまますが、そのどれもが血小板凝集制御作用を持っています。
この働きにより、血栓は出来にくくなり、血液の粘度も下がり、血液がサラサラになります。
この流れは、高血圧まで改善されるという作用を示唆しています。

 

 ピラジンは、コーヒー以外にも、大麦やポップコーン、小麦粉、カマンベールチーズ、マッシュルーム、緑茶、味噌、納豆など、様々な食品に含まれています。
ピラジンを含む食品は、香りの楽しみと、飲食の楽しみとで、ダブルの楽しみで高血圧を改善出来る優れものですね。

 

 コーヒータイムは香りを楽しんでリラックス。高血圧はリラックスして改善しましょう。

 

血圧が高めの人は必見!!⇒こちらをクリック!!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ